生命保険を受け取った場合、相続税はかかるのでしょうか? 結論からいうと、かかります。 相続税と聞くと自分たちには関係のないようなイメージが強いですが、生命保険も含まれるので、誰にでも関係があると思ってください。 まず、生命保険の死亡保険金は、みなし相続財産になりますが、一定金額が非課税となります。 非課税金額は、「500万円×法定相続人の数」によって求められます。 つまり、法定相続人の数が5人の場合だと、2500万円が非課税となるということです。 例えば、旦那さんが死亡して5000万円の保険金が支払われて、妻と子供達の3人が法定相続人だったとします。 この場合には、500万円×3人という計算になり、1500万円が非課税となります。 そして、5000万円から1500万円を差し引いた3500万円というのが相続税の課税価格に参入する金額です。 このように、生命保険が支払われると相続税がかかってしまうので、そのことを考慮して、生活をするようにしないといけません。